京都市職員が暴行で逮捕!立ちション注意され腹立った-膀胱も暴行も我慢できなかったの!? - きょうトピ!

京都市職員が暴行で逮捕!立ちション注意され腹立った-膀胱も暴行も我慢できなかったの!?

スポンサードリンク


京都市の環境政策局南部クリーンセンター職員の
59歳の男性が、住人に暴行現行犯逮捕されました。


かなり細かいことですが
立ちション法律で禁止されている行為らしく
住居侵入罪に問われる場合もあるようです。





また、以前から京都市環境局の職員は
不祥事が多いようでしたので
そこらへんについても調べてみました。


立ちションも犯罪になる?


トラブルになった男性を殴ったとして、京都府警伏見署は24日、暴行の疑いで、京都市環境政策局南部クリーンセンター職員の男(59)を現行犯逮捕したと発表した。同署によると、「よく覚えていないが殴ったのは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は23日午後9時50分ごろ、同市伏見区の路上で、自営業の男性(46)の顔を2回殴ったとしている。けがはなかった。

 同署によると、逮捕された男は当時酒に酔っており、男性宅前の壁に放尿をしていたのを注意されたことに腹を立て、暴行を加えたという。男性宅近くのスナックで酒を飲んだ帰りだった。男性が取り押さえ、110番した。

引用=産経新聞



今回の暴行事件は、酒に酔い
被害者男性の自宅前の壁に放尿していたようです。


自分の家の壁に立小便されていたら
誰でも気分良くないですし、注意しますよね。


立ちションを注意された相手を殴るなんて
まるで不良の子供がやるようなことですが
お酒を飲んで気が大きくなっていたのでしょうか。


ちなみに、暴行は立派な犯罪ですが
立ちション軽犯罪法で禁止されているようです。


刑罰の中で一番軽いものらしいが
法律に書いてあるので逮捕される可能性もあるでしょうね。


また、今回立ちションをしたのが
被害者男性宅の壁となっていますが
もし、敷地内に侵入していたのなら
住居侵入罪に問われるかもしれません。


立小便とはいえ、細心の注意を払う必要があるようですね。



スポンサードリンク






京都市環境局の不祥事


京都市の環境局の職員の不祥事
近年相次いでいたようです。


京都市の発表では、2003年から2006年の間で
京都市職員全体で不祥事により懲戒処分を受けた職員が約70人
そのうち39人が環境局の職員だったらしいのです。


中には、姉妹で環境局の職員だったようですが
2人そろって覚せい剤で逮捕
なんてこともあったようですね。


その他にも、交通事故の保険金詐欺という
不祥事を起こした職員を懲戒免職にしましたが
5年後再雇用されていたり
恐喝事件で分限免職になった職員が
9年後に再雇用されていたりと
そんなに人材が不足しているのでしょうか。


さらにとんでもないのが
育児や介護目的で利用できる有給の時間休暇を
子供や高齢者の親がいないのに取得して
早退しまくっていたなんてことも。


このような不祥事に対して
過去に京都市長謝罪しています。


「バブル期に現業職に応募する人がいないなかで、とにかく採用しないとごみの収集ができないということで、甘い採用をしてきたのは事実。その採用が(一連の不祥事の)大きな要因の一つ」

引用=Wikipedia



今でこそ公務員が人気ですが
確かにバブル期は公務員になりたがる人
特に現業職は応募が少なかったんでしょうか。


だとしても、ここまで不祥事が多いと
職員の教育はどうなってんの?と思ってしまいます。


年末でお酒の席が増えるとは思いますが
飲みすぎ立ちションには注意が必要そうです。




スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2014-12-24 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © きょうトピ! All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。