中井和人容疑者 生後1ヶ月の長男虐待で逮捕 急性硬膜下血腫が虐待の疑いに繋がる理由とは?大阪府高槻市登町 - きょうトピ!

中井和人容疑者 生後1ヶ月の長男虐待で逮捕 急性硬膜下血腫が虐待の疑いに繋がる理由とは?大阪府高槻市登町

スポンサードリンク


生後間もない長男を暴行し意識不明の重体にさせた
大阪府高槻市登町の無職の中井和人容疑者(31)が
27日に逮捕されました。


テレビの取材に対しては
「知りません、あなたに関係ないです」などと答えていましたが
警察の調べに対しては「虐待をしていた」と犯行を認めているようです。


中井和人容疑者逮捕の経緯


長男の颯馬君は、今年2月15日に容態が悪化し病院に運ばれました。


その後けがの程度が重いため、大学病院に転院
転院先で急性硬膜下血腫などと診断されたため
大学病院が「虐待の疑い」で警察に通報したようです。


生後1カ月未満の長男の頭などに暴行を加え、意識不明の重体にさせたとして、大阪府警高槻署は27日、傷害容疑で父親の無職、中井和人容疑者(31)=大阪府高槻市登町=を逮捕した。「子供が入院するまでに虐待していたことは事実」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は1月23日〜2月15日ごろ、長男の頭などに何らかの暴行を加え、急性硬膜下血腫などのけがをさせたとしている。長男は2月15日に病院に運ばれてから現在まで意識不明の重体の状態が続いているという。

 高槻署によると、中井容疑者は当時、今年10月に離婚した元妻(19)と男児の3人暮らし。15日午後11時ごろ、中井容疑者と元妻が「容体が悪くなった」と高槻市内の病院に連れて行き、17日、けがの程度が重いことから別の大学病院に転院した。大学病院が「虐待の疑いがある」と同署に通報していた。

 高槻市によると、市は元妻の年齢を考慮し、長男の誕生前後から家庭を支援していた。2月12日に保健師が家庭訪問した際、元妻が「長男が抱っこされても泣くので、夫が頭をはたいたのを見たことがある」と説明したが、中井容疑者が育児に協力的な態度を示していたことから、虐待はないと判断していたという。

 市は「事態を重く受け止め、対応を検証する」としている。

引用:産経新聞


そもそも、急性硬膜下血腫とはなんでしょうか?
急性硬膜下血腫が虐待の疑いにつながる理由とはなんでしょうか?
後半部分でそれらについて調べていこうと思います。


スポンサードリンク





急性硬膜下血腫とは?虐待の疑いに繋がった理由とは?


急性硬膜下血腫とは頭蓋骨の内側にある脳を覆う
髄膜と呼ばれる膜が、外側から、硬膜・くも膜・軟膜とあります。


そのうち一番外側にある硬膜の内側で出血し
硬膜と脳の間に血液が溜り、脳を圧迫する病気のことのようです。


この急性硬膜下血腫の原因は、
ほとんどが頭部への外傷によるものだそうです。


転落、交通事故、殴打によるもので
あらゆる年齢層であるそうですが
小児では、虐待による頭部外傷で
比較的多くみられるようです。


颯馬君は当時まだ生後1ヶ月のため
首もすわっていない状態だったと思われます。
自ら動いてどこかに頭をぶつけるなどは
考えづらいということでしょう。


急性硬膜下血腫が起こるほどの外力が加えられるのは
不慮の事故か、虐待によるものと考えるのが
自然であったのではないかと思います。


終わりに


先日も北海道札幌市で生後4ヶ月の長女が虐待され、
その父親が逮捕された事件がありました。

宮本俊幸容疑者の嫁・妻 半笑いインタビューが不気味と話題に!生後4ヶ月長女虐待に気づかず 北海道札幌市女児虐待

最近虐待のニュースが多いとネット上でも話題になっています。


このような、虐待を受ける子供がいなくなること
颯馬君が無事に回復することを祈るばかりです。



スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2014-11-28 01:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © きょうトピ! All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。