岡畑恵雄 東京工業大学大学院生命理工学研究科元教授が研究費詐欺容疑で逮捕 経歴・プロフィール・犯行手口は? - きょうトピ!

岡畑恵雄 東京工業大学大学院生命理工学研究科元教授が研究費詐欺容疑で逮捕 経歴・プロフィール・犯行手口は?

スポンサードリンク


東京工業大学大学院生命理工学研究科元教授の
岡畑恵雄(よしお)容疑者(67)と
研究費の詐取に加担したと思われる業者の役員ら
計4人が逮捕されたことがわかりました。

請求書を偽造して納入業者から薬品などを購入したように装い、研究費約1500万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は15日、詐欺容疑で、東京工業大大学院の元教授、岡畑恵雄(よしお)容疑者(67)=川崎市麻生区=と業者ら男女計4人を逮捕した。同課によると、4人はいずれも容疑を認めている。

引用元:産経新聞(2014年11月15日)


今年の1月に大学の内部調査で
明らかにされていたことのようですが
当時1900万円もの金額を不正に使用していたと
東京工業大学が発表していたようです。

東京工業大学は10日、同大の名誉教授が、生命理工学研究科の教授だった2008年から退職する昨年3月までの約5年間、当時の秘書とともに研究費計約1900万円を不正に使用していたと発表した。

引用元:朝日新聞(2014年1月10日)


詐欺容疑で逮捕された岡畑恵雄容疑者の
経歴やプロフィール、犯行手口について調べてみました。


岡畑恵雄元教授の経歴


岡畑恵雄
出典:www.kpinet.com

岡畑恵雄容疑者は1970年に同志社大学工学部工業化学科を卒業し
1972年には同大学の大学院工学研究科修士課程を修了しました。


修士課程を修了した年には九州大学工学部の助手をやりつつ
1977年に工学博士の学位を取得したようです。


その後、今回の詐取容疑の事件が発覚した
東京工業大学工学部の助教授となりました。


1992年に生命理工学部教授となり
1999年、大学院生命理工学研究科教授となったようです。


専門は、生体高分子の機能化、水晶発振子の応用で
「酵素・タンパク質をはかる・とらえる・利用する バイオ研究のフロンティア 2」という
本も出版されているみたいです。


スポンサードリンク





研究費詐取の犯行手口は?


岡畑恵雄容疑者は、2008年から東京工業大学大学院を
退職する2013年までの5年間、詐取をしていたようで
業者に対して架空の発注を67回も行っていたみたいです。


その架空発注の代金を業者に一旦プールし
謝金等の入金・出金をするために提出させていた
20人程の卒業生の通帳の口座に
振り込ませていたようです。


詐取した金を使用するときは
秘書がその通帳から引き出していたとか。


岡畑恵雄容疑者と秘書の主張では
引き出した資金は研究質の実験機器の修理などに使用し
私的な利用はしていないそうです。


終わりに


研究室のために使うのなら
業者に架空発注して資金をプールし
卒業生の通帳の口座を使って
わざわざ資金を引き出すなんてことするでしょうか?


東京工業大学元教授がおこした
詐欺容疑の捜査進展を注目していこうと思います。


スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2014-11-15 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © きょうトピ! All Rights Reserved.